シューズの形はメーカー毎に違う!?

シューズ小話
スポンサーリンク

メーカー毎にシューズの作りは変わってくるのが当然。
では具体的にどう違うのか、インソールに視点をあてて解説します。


今回比べるシューズはこちら。

2018年8月現在で人気シューズを選びました。
asicsで一番人気のGELHOOPV10(手前)。
メーカーも一番人気をうたっているシューズ。

そしてNIKEの新作シューズ HYPER DUNK X (奥)。
ハイパーダンクの2018年版。NBA選手も多く着用するナイキの定番モデル。
(※アジアモデルのEPラストではないので注意)

早速インソールを抜き出してみました。

手前がハイパーダンクXで奥がゲルフープV10のインソール。
ナイキが平らなのに対して、アシックスのインソールは凹凸があります。
アシックスの方が足にフィットして足を守ってくれるような作りになっているのがわかります。

続いては上からの写真。

アシックスは真っ直ぐなのに比べて、ナイキは内側に傾いています。
重ねてみるとこんな感じ。

インソール一つ見てもこれだけ作りが違います。
一概にどちらが良い・悪いではないですが、それぞれの違いを知った上で自身の足にあうシューズを選んでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました