バスケの審判(レフリー)シューズの選び方

シューズ選びの基本
スポンサーリンク

ライセンスを持って審判(レフリー)活動している方もいますが、普段は指導者で大会の際には審判をするという方は多いと思います。

公式戦で審判としてコートに立つ際に、ウェア・シューズは決められたもの着用しなければいけません。

「急に審判をやってほしいと言われた方」「学校でバスケ部の顧問になったから、審判用品を揃えないといけない方」などに向けて、審判用品に関しての細かいルール、現在使えるアイテムをご紹介していきます。

※ シューズなどは新作発売・廃盤等あるため随時更新していきます。
スポンサーリンク

レフリーシューズはどんなものが使えるのか?

日本バスケットボール協会の出している各種規定の中の「審判員および審判インストラクターに関する規程」に以下のような記述があります。

審判員の服装は、シャツ、黒色のズボン、黒色のソックスおよび黒色のシューズとし、当該試合を担当する審判員の服装は統一されていなければならない。(第18条[審判員の服装])

上記の通り、バスケのレフリーを行う場合「黒色のシューズ」を履く必要があります。

極端なことを言えば、ブランドやシューズの種類は問われず、黒いシューズを履いていれば大丈夫です。

とはいえ、体育館(室内)で履きますし、長い距離走りますのでスニーカーのようなシューズではダメだと思います。

また、ソックスに関しても黒色のソックスを着用しないといけません。

ワンポイントくらいは大丈夫な場合もありますが、極力真っ黒なものを履いた方が良いのでバスケメーカーに限らず黒いソックスを購入したほうがよさそうです。

おすすめはアシックスのゲルジャッジ3

おすすめとしては、GELJUDGE3(ゲルジャッジ3)です。

アシックスからでている審判(レフリー)専用のシューズです。

現在レフリーをしている方にとっては定番シューズとなっています。

他にレフリーで使えるシューズとは(随時更新)

とはいえ、多くの方がこのゲルジャッジを履いているため、他のシューズを履きたい方も多くみえます。

そんな方のために、現在発売されているバッシュでレフリーで使えるシューズをご紹介していきます。

随時新しいシューズが発売されていきますし、廃盤になってしまうものもありますので、随時更新していきます。

大会の規模によっては、レフリーシューズの規定がゆるい場合もあります。そういうところでは黒ベースであれば大丈夫なこともあるようです。ただ、公式戦ではルールにのっとったシューズを必ず着用しましょう。

【NEW】GELURST 26 LOW

2022年8月に ゲルバースト26 LOW が発売されました。

ゲルバースト26のミドルカットは真っ黒のカラーがないため、レフリーで使用するならローカットの方を選びましょう。

履き心地も良いので、シューズとしてもおすすめです。

発売されているうちに手に入れておきましょう!!

GELBURST26LOWのレビューはこちら→https://basketshoesselect.com/gelburst26low/

【asics】GELBURST 26 LOW ※レフリーシューズ使用可能
created by Rinker
asics

 

GELBURST 24 (LOW)

毎年黒色が発売されているので、レフリーシューズとして使用している方が多いモデルです。

特にローカット版の方が使用率が高いです。

最新のモデルは「GELBURST25・GELBURST25 LOW 」ですが、GELBURST25 には真っ黒なモデルがないのと、LOW の方もグラデーションが入っている部分があるので、手に入るのであれば前作の「 24 」のモデルを使った方が良さそうです。

GELBURST24LOWのレビューはこちら→ https://basketshoesselect.com/gelburst24low/

GELTRIFORCE 3

アシックスの中で重量感のあるシューズなので、履く人を選びますが、レフリー用で使うこともできます。

【2021.11.23追記】真っ黒のモデルは廃盤になってしまって、現在はラインにゴールドが入ったモデルが発売されています。こちらは審判用で使うことができないので、旧モデルが手に入ればそれを使用しましょう。

 

GELTRIFORCE 3
created by Rinker

JORDAN WESTBROOK ONE TAKE PF

ジョーダンのマークをマジックペンで黒く塗りつぶす必要がありそうですが、十分に使えます。

スポンサーリンク

その他のレフリーアイテムもご紹介

レフリーウェア

レフリーシャツ・レフリーパンツは「JBA」の認定を受けているものでないといけません。

レフリーウェアを出しているメーカーは少ないですが、それぞれに若干の違いはあるので、着比べてみるのも良いかもしれません。

迷ったらアシックスのレフリーウェアにしましょう。サイズやウェスト・タック有無など種類が細かく別れているので、必ず合うものが見つかると思います。

【asics】アシックス レフリーシャツ XB8002
created by Rinker
【asics】 アシックス レフリースラックス XB9002
created by Rinker
【asics】 アシックス レフリースラックス ノータック XB9003
created by Rinker

ホイッスルカバー・レフリーマスクも必須アイテム

コロナ禍になってからは、飛沫防止のためにホイッスルカバー・レフリーマスクの着用も必要になってしまいました。

ホイッスルカバーに関しては、どうしても「音が出にくい」です。
そのことに対してどうにかならないか、というお声をいただいていたのですが、モルテンのホイッスルカバーはとても使いやすいです。

【molten】ホイッスルカバー RB0022-K
created by Rinker
モルテン

また、ホイッスルカバーに加えてレフリーマスクはチームファイブの商品がおすすめです。

【TEAM FIVE】ホイッスルカバー ARWC
created by Rinker
TEAM FIVE
【TEAM FIVE】レフリーマスク ARMG-0107
created by Rinker
TEAM FIVE

レフリーのおすすめアイテム

本格的にレフリーで吹くのであればこのホイッスル一択です。

【molten】ブラッツァ RA0040-K
created by Rinker

レフリーを始めたばかり、練習などで吹くだけ、ということであれば、このドルフィンプロで十分です。

【molten】ドルフィンプロ WDFPBK
created by Rinker
MOLTEN

 

ぜひシューズ・用品選びの参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました