【PUMA】TRC BLAZE COURT /TRC ブレイズ コート

PUMA
スポンサーリンク

 

プーマのバスケットボールシューズの中で、安定性・クッション性にすぐれたTRCブレイズコートを紹介します。

画像は2022年にカイル・クズマが着用予定の「TRC BLAZE COURT TOKYO HARAJUKU」で、2006年にライフスタイルシューズとして発表された「BLAZE OF GLORY(ブレイズ オブ グローリー)」がベースとなっています。

スポンサーリンク

シューズの概要紹介

アッパーにはメッシュ素材にシンセティックスウェードの補強パーツを使用し、足のホールド感を強化するとともに、さらに安定感を生み出すTPUサイドウォールを搭載。ミッドソールには、軽量でクッション性と反発性を兼ね備えた“ProFoam(プロフォーム)”を採用し、アウトソールにはグリップ力の高いフルラバーを採用しています。(PUMA公式サイト)

スポンサーリンク

シューズ のスペック紹介

品 番 : 376582・377433

ラスト : グローバルラスト

価 格:15,400 円(税込)

サイズ : 25.0 – 31.0  cm

重 量 :  340 g(26.0cm)

 

アッパー : メッシュアッパー・シンセティックスウェード

アッパーにはメッシュの素材を採用しつつ、つま先やサイド部分にはスウェード調の補強パーツが搭載されています。

これによって軽さと安定性の両立を実現しています。

メッシュアッパーなので足触りはかなりやさしく、かかと部分も包み込むようなフィット感があります。

足幅は細いというか、甲部分が少し薄いかなというくらいの印象です。

 

ミッドソール(クッション材) : ProFoam・TRINOMIC構造

ミッドソール素材にはEVAをベースにしたプーマ独自の素材であるプロフォームを採用しています。

軽量性がクッション性(反発性・衝撃吸収性)を兼ね備えています。

そのプロフォームがトライミック構造(プーマ独自のハニカム構造)によって搭載されています。

プロフォーム自体がかなり厚く敷かれていることもあり、クッション性能も悪くはありませんでした。

 

アウトソール :  ラバーソール

アウトソールはグリップ性能がよくなるようにフルラバーを採用しています。

シューズの溝(意匠)はヘリンボーンパターン(山型)になっており、前後の動きに対してグリップしてほしいところは横、左右の動きにグリップしてほしいところは縦、に溝がくるように設計されてます。

 

スポンサーリンク

シューズレビュー

かかとチェック

かかとの下部分はしっかりと芯が入っており、かなり硬めに作られています。

内側部分も厚く作られており、かかとが包み込まれるようなフィット感があります。

それも相まってほどほどに良い作りかなと思います。

 

前足部屈曲性チェック

ミッドソールは厚めですがそれほど剛性もなく、履きやすい作りになっていると思います。

試し履きチェック

試しに履いてみました!

履く前は「チープな作りなのかなあ…」と疑っていたのですが、実際に履いてみるとなかなか良い作りでした。

シューズのフィット感も良く、クッション性もそこそこあり、安定性も悪くありません。

十分にプレーできるシューズだと思ったのが足入れの第一印象でした。

使い続けていくとヘタっていくのが早そうな感じですが、割とオススメできるシューズだと思います。

 

【PUMA】TRC BLAZE COURT TOKYO HARAJUKU
created by Rinker
PUMA

 

コメント