【NIKE】エア ズーム G.T.ラン

NIKE
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シューズの概要紹介

フレッシュな履き心地。ハードな動きに対応。ナイキ エア ズーム G.T.ランは、コート上で万能に活躍するプレーヤーにぴったりのシューズ。クッショニングシステムは、2つのZoom Airユニットと2層のNike Reactフォームを積み重ねています。超軽量で、重要な部分のサポート性が抜群。ぴったりと安定したフィット感と反発性に優れ、エネルギーを最大限に生かしてライバルに打ち勝つプレーをサポートします。

                                                 (NIKE公式サイト)

G.T.シリーズとは?

G.T.シリーズ、より多くのスキルが求められる次世代に向けて作られた、新しいシリーズのバスケットボールシューズです。

G.Tとは「Greater Than(より強く)」という考えをベースに、バスケの基本的な動きである「切り返し(cut)」、「ダッシュ(run)」、「ジャンプ(jump)」の発売が予定されています。

左から、「CUT」「RUN」「JUMP」

今回はその中から、「AIR ZOOM G.T.RUN」をご紹介します。

G.T.RUN とは?

バスケットシューズは軽量性を追い求めるとクッション性は失われがちです。逆にクッション性を求めると重量が重くなってしまいます。

軽量性とクッション性の相反する機能をバランスよく搭載し、かつ履き心地を追求したシューズがこの「G.T.RUN 」です。

シューズスペックについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

シューズ のスペック紹介

品 番 : CZ0175

ラスト : グローバルラスト

価 格:22,000 円(税込)

サイズ : 22.5 – 31 cm

重 量 : 420 g(26.0cm)

アッパー : レイヤードメッシュ

全体的に柔らかい素材が使われており、3Dプリンターを使用した軽量素材が重ねて配置されています。

ベロ部分は薄く、より足の形に合うようになっており、シューレースの締め付けも軽減される作りになっています。

メッシュ素材で、シューズの軽量化にもなっています。

ミッドソール(クッション材) : Reactフォーム + Air Zoom ユニット

ミッドソールには反発性と軽量性を追求したリアクトフォームを採用。

前足部分にはリアクトフォームを挟んで2層のエアズームユニットが搭載されています。

そのミッドソールに合わせて、リアクトフォームのインソールも使われています。

これだけでもクッション性に特化しているのがわかります。

アウトソール : 薄めのラバー素材

ミッドソールやインソールが厚い分、ミッドソールのラバーは薄めになっています。

流線型の意匠で、あらゆる方向へグリップしてくれるようになっていましす。

フラットソール ですが、アーチした部分のみを削ることで軽量性にもつながっています。

スポンサーリンク

シューズレビュー

かかとチェック

がっちりとしたヒールパーツはついていませんが、割としっかり作られています。

前足部屈曲性チェック

ミッドソール・インソールが厚くできていることもあり、屈曲性はなく固めなので注意が必要です。

スポンサーリンク

シューズ総評

リアクトフォームやエズームユニットをふんだんに使用しているのでクッション性はかなり感じられます。

フラットソール なこともあって、足裏全体を包み込んでくれているような感覚や、足裏全体で地面をとらえているような感覚があります。

ただ、軽量性のためにアッパー素材が薄くなっているせいで、シューズを履いた際足の甲部分の快適さはないように思います。

アッパーが薄いことで、左右の動きに対しての安定性も不安が残ります。

また、アウトソールのラバーも薄くなっていることで、耐久性も長く持たないような印象です。

その点を考慮して購入を考えていただけたらと思います。

シューズ選びの参考にしていただけたら幸いです。

【NIKE】AIR ZOOM G.T.RUN
created by Rinker
NIKE

コメント

タイトルとURLをコピーしました